高速近くの土地に引っ越した

今の家に20年ばかり住んでいます。

前の住居は公害とまでは言えないのですがやや環境的に問題があったので
もう少し空気のいいところにある家に引っ越したかったのです。

不動産を売却したいで、土地を売りたい時にチェックっすることで、土地の売却がスムーズに言った話も乗っていますので読んでみて下さい。

引っ越してきた当時は新築後2年程度経過した比較的新しい中古の家でした。

ローンを組んでの購入ですがこの件に関してはそれほど苦労があったとは思っていません。
締切日までに必要書類を提出しなければならず、これを揃えるのにあちこちに依頼しなければならず
これがやや大変といえば大変ぐらいの程度です。
けれどこの家に引っ越してきた時のことを思うと怒りがこみ上げてきます。

引っ越してきたらないないづくしだったのです。
あるはずのものがありませんでした。
天井からのライトは取付金具もなくなっていました。
カーテンレールもありません。
クーラーはもちろんありませでした。
食洗機もなくなっていてそこだけポコンと大きく口を開いていました。

こんなことってあるのでしょうか。

下見に来た時は全部そろっていました。
引越し作業が落ち着いたらまずカーテンをつるそうとしたのですが
見事にカーテンレールがなかったのでどうすることもできず
ノーカーテンで過ごしました。

中が丸見えになるのでできるだけ表通りから見られないように
真ん中の辺りにひっそりとしていなければなりませんでした。
引っ越してきた当初はすることがたくさんあるのにそれらをほおって置いて
翌日はまずカーテンレールを買いに走らなければなりませんでした。

天井に付けるはずの照明も取付金具がないのでどうしようもなく
ろうそくを探してきて薄暗い炎のもとで夕食を食べたのを思い出します。

引っ越しは真夏だったのでクーラーがないのは現在の真夏の猛暑から考えると
耐えられないと思いますがその夏は冷夏だったようでクーラーはなかったけれど
暑くて困ったという思いはしていません。

何でこんな家に引っ越してきたんだろうと思いました。

現状有姿で買うはずだったのにどうしたことかと仲介不動産屋に文句を言いました。
食洗機がないことだけを何とかしてこの件に決着つけようとしたのか
不動産屋は業者を寄越して食洗機があった所に新しく棚を付けて扉を取り付けました。
扉の色は周囲にある扉に似ている色を使ってはいますがどう見てもそこだけ色が違うので目立ってしまいます。

ずいぶん文句を言ったのに不動産屋がしたことはこれだけでした。
たったこれだけなのかと不動産業者の誠意を疑いました。

これら全てはこの家の付帯設備です。
実は「物件付帯設備表及び現状報告書」なるものを手元に保存してあります。
この「物件付帯設備表及び現状報告書」が大変おかしいのです。
これは不動産業者がこの家の付帯設備の現状を新入居者に報告するものです。

入居した時の現状に確かに合っていますが本当はそうではないでしょうと言いたいのです。

いったいいつこのように変わったのですか。
なぜ現状有姿だといった時のあの現状に合っていないのですか。
今の入居時の現状通りなのはなぜなのですか。

これが入居当時思ったことです。

入居時のトラブルの一つにこの現状有姿があると聞いていますが
現状有姿というのはカーテンレールは入居する時もついていますね、
クーラーもついていますね、照明器具もついていますね、物置もついていますね
風呂もついていますねと外すことが可能なものについて
全てを逐一確認することなのかとたいそう疑問に思いました。
下見でそれなりにいい家だと思って引っ越ししただけに落ち込みは大きかったのです。
入居後にわかったこともあります。
それは高価だった割に立て付けがお粗末なことです。
バンと一つドアを閉めると音が他の部屋にも響きます。
風が強い日には隙間風も入ってきます。
新築当時は高級住宅として売りだされたようですが結局、
安普請の建物だといえるのでしょう。

もう一つありました。空気がいいところと思って引っ越してきたのですが
ここは高速道路から少し奥にあるのですが、前々から住んでいる方が
「高速道路から小さい石が飛んでくるんだ」
と言われたことです。
我が家では小石を確認していませんが、高速道路から車が巻き上げる
目に見えない石状のものが飛来しているとすれば環境がいいなんて言っていられないでしょう。

隣近所にどんな人がいるかわからないというのもありました。

大型トラックで狭い道を入って行って引越し荷物を入れようとしているのに
自分の家の乗用車をうちの家の玄関前に駐車して
頑としてよけようともしてくれないのが向かいに住んでいる人なのです。
自分の方が先に住んでいるから偉いと思っているのかなとしか考えられないのですが
こういう人の存在も住んでみなければわかりません。

Filed under: 未分類 — suica4569asd 1:44 AM
2015年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031